うつは傾向と対策を知ることで未然に防ぐ事ができます

家族や友人がうつになったら

ウーマン

理解することが大事

友人、もしくは家族がうつになったのなら、理解しておかなければならないことが幾つかあります。まず第一に、うつになった人の気持ちは、うつにならなければわからないということです。このことをまず理解しておきましょう。うつというのは、それほど精神的に余裕がなくなる症状であり、健康な人とは異なった思考や精神状態になっているのです。「うつになった人へ「頑張れ」という言葉は禁句」という言葉を聞いたことはないでしょうか。普通の人ならば、励ましてくれていると思うかもしれませんが、うつになっている人は「自分は精一杯頑張っているのに気軽に言うな」とか「自分はみんなから怠け者に見られているんだ」と思ってしまうのです。その結果、怒りや自己嫌悪の感情が吹き出し、より症状が悪化してしまうのです。うつというのは、それほど思考能力に変化をもたらしてしまうのです。

事故のケアも行なう

家族や友人がうつとなり、その人と関わり合う日が続くのであれば、自身のメンタルケアも徹底しなければなりません。その理由は、うつは風邪のように他人に移るからです。といっても、風邪のようにウイルス伝染ではありません。うつの人と長い間接していると、その人のネガティブな思考に囚われ、同調してしまうのです。これは仲が良ければよいほど同調しやすくなってしまうため、注意が必要になります。具体的な方法としては、メンタルケアです。自分自身の時間を持ち、趣味や運動などストレスを発散させたり、不安な場合は心療内科などで診察を受け、相談するというのも一つの手段です。

Go to Top