うつは傾向と対策を知ることで未然に防ぐ事ができます

うつと付き合い続ける

医者

早くても1年

うつは、早くても完治までにおよそ1年以上かかるといわれています。ふたたび日常生活に戻る期間はそれより半年ほど早いですが、これは寛解(ほぼ完治に近い状態のこと)と言われており、完治ではありません。なぜ寛解なのか、それは、うつの症状が完治したかどうかというのは非常にわかりにくいからです。うつは、表面上は治ったように見えても、まだ完治していなかったら何か些細な事がきっかけで再び発症してしまう恐れがあります。しかし骨折や風邪と違い、表面上はほとんど健康的な人と見分けがつかないため、完全に治ったと判断するのには長い時間をかけなければならないのです。最初は抗うつ剤を飲んで過ごし、やがて薬の量を減らし、全く問題ないと判断されれば、晴れて完治となります。

治療のために

うつの治療の過程で最も気をつけたいのは、仕事中です。何らかのきっかけで再び発症したり、抗うつ剤の影響で激しい眠気に襲われて仕事にならないこともあるからです。対策としては、抗うつ剤を飲むタイミングをずらすという手段があります。抗うつ剤による激しい眠気が来るタイミングを就寝時間になるように服用のタイミングを調整すれば、仕事中の眠気をいくらか緩和できます。他にも、錠剤を分割して飲むことで副作用を抑えることができます。ここで注意したいのは、服用をやめるということです。服用を勝手にやめると、症状をぶり返してしまう可能性があるからです。用法用量を守り、きちんと最後まで服用しましょう。

Go to Top