うつは傾向と対策を知ることで未然に防ぐ事ができます

うつ病の基本的な治療方法

看護師

うつを治すには

うつは、完治が非常に難しい病気です。発症前に改善すれば問題はないのですが、一度発症すると年単位での治療が必要になります。そもそも、うつの原因はストレスによるホルモンバランスの乱れが原因であり、その乱れが脳のホルモンバランスも見出してしまった結果、脳内神経伝達物質の量が減少してしまうのが原因です。そのため、脳のホルモンバランスを正常に戻したとしても、大元であるストレスをどうにかしない限りまた再発してしまう可能性があるのです。しかし、うつ状態というのはストレスをためやすい状態でもあり、いかにしてこの問題をクリアするかがポイントとなります。

基本は抗うつ剤

うつの治療は、基本的に抗うつ剤を飲んで不眠症や脳内神経伝達物質の乱れを正常にする他、カウンセリングなどで自分の不安を取り除き、改善していくことになります。最初の「極期」と呼ばれるひたすら落ち込んでいる状態は、抗うつ剤による治療しかできません。ひたすら無気力な状態であり、この時に無理矢理別の治療をしようとすると、より症状が悪化するからです。抗うつ剤によって状態がましになると、回復期になります。この時期はたまに極期のような症状を発症してしまうので注意が必要ですが、この頃から様々な治療が可能となります。

運動は有効

うつの治療方法は、抗うつ剤以外にもカウンセリングや、運動があります。特に運動はストレス解消や脳内神経伝達物質の分泌に対して大きな効果を発揮する他、低下した体力をまた以前の状態に戻す効果もある為非常に重要な要素とされています。脳内神経伝達物質の一つであるセロトニンは、感情のブレーキに対して効果を発揮します。また、セロトニンは夜中になると安眠のためのメラトニンと呼ばれる物質になるため、感情障害や不眠症の改善に効果が期待できます。

Go to Top