うつは傾向と対策を知ることで未然に防ぐ事ができます

看護師

うつ病の基本的な治療方法

うつ病の基本的な治療方法は、時間経過による体調回復しかありません。しかし、その過程で抗うつ剤やカウンセリングを行なうことで、より回復が早くなります。また、有酸素運動も回復につながります。

Read More

医者

うつと付き合い続ける

うつは、完治するまでの間常に付き合い続けていかなければなりません。そのため、治療に必要な抗うつ剤の正しい飲み方や、日頃の過ごし方を学び、支障なく治療していきましょう

Read More

うつにならないためには

女の人

うつ病の症状

うつの症状と聞くと、多くの人は「ふさぎ込んで無気力になる病気」を連想するかもしれません。これは実はうつの症状によるほんの一部であり、実際に発症するともっと様々な症状が現れます。うつの症状は、大きく分けると3つに分けることができます。1つは、精神的な症状、2つめは肉体的に起きる症状。そして3つ目は、治療の過程で飲む抗うつ剤による副作用です。厳密にいえば、副作用は症状ではありませんし、治療の過程においては避けられないものです。ですが、うつになるとこの副作用が辛く、抗うつ剤の治療を勝手にやめてしまう人もいます。そうならないように、抗うつ剤による副作用もきちんと学んでおきましょう。

肉体的・精神的症状

まず、肉体的な面と精神的な面におきる症状を紹介しましょう。肉亭的な面ですが、まず、全身が謎の筋肉痛に襲われます。これは、精神的な症状も関係しており、不安人苛まれた結果ストレスで筋肉が硬直し、その結果筋肉痛や肩こりを発症してしまうのです。他にも、不眠症が当てはまります。不眠症になると体が眠くても寝付けず、精神的な苦痛につながっていきます。次に、精神的な症状ですが、代表的なのが、無気力になり、落ち込んでしまうという症状です。この落ち込んでいる状態というのは、いわゆる感情障害というものであり、一度落ち込むと際限なく落ち込んでしまうというものです。これは脳の感情を抑制するための神経伝達物質の分泌量が減っていることから起きる症状です。また、ストレスによるイライラにより怒りだすと際限なく怒り、暴れまわることもあります。これも感情障害の一種であり、怒りを抑えることができなくなっている状態です。

抗うつ剤の副作用

抗うつ剤の副作用について紹介しましょう。抗うつ剤の副作用で代表的なのは、味覚障害と異様な眠気です。抗うつ剤は脳内神経伝達物質の分泌や、不眠症改善のために眠気を促す作用があります。その過程で味覚を感じる部位の細胞が衰えたり、薬の効果で昼間も眠くなってしまうのです。なお、味覚障害は投薬を終えれば自然に回復していきます。これら症状はいってしまえば完治のために必要な症状でもあります。しかし、これが辛くて飲むのを辞めてしまい、結果として症状が改善しないということもあります。出された薬は、きちんと飲むようにしましょう。

カウンセリング

うつの進行具合

うつ病にはプロセスがあります。症状が激しい曲期から始まり、回復期、中期と続き、そして完治に至ります。この時、一番気をつけるべきタイミングは回復期であり、最も危険な時期でもあります

Read More

ウーマン

家族や友人がうつになったら

家族・友人が鬱になった時は、軽はずみな言動は逆効果となります。また、自身のメンタルケアもしなければ自分もいつの間にかうつになっているということもあるので注意しましょう。

Read More

悩む人

再びうつにならないように

うつから完治し、再び元の生活に戻れたとしても、再び鬱になってしまう可能性があります。そうならないように予防方法を知り、再びうつにならないように対策を考えましょう。

Read More

Go to Top